とことんそうじ

頑固な汚れをとことん落とす掃除術

とことんそうじ

【浴室】梅雨明け後にカビ取りを行う場所はココ!

 

関東では、毎年6月~7月頃が梅雨です。

私は掃除が趣味なので、お風呂のカビが気になる時期でもあります。

 

実際に、梅雨が明ける8月頃には、普段は見かけない所にカビが生えていたりします。

 

そこで、今回は「梅雨が明けたら確認したい場所」をテーマに、

梅雨明けにカビが生えていた場所と、それを退治した手順をご紹介します!

 

 

カビが生えていた箇所。

まずは脱衣所側からです。

 

扉の隙間のパッキン。

 

 

扉の持ち手。

 

上部の隙間。

 

出入り口のレール。

 

続いて浴室に入って、同じく扉の隙間のパッキン。

 

 

風呂ふた。

 

以上です。

 

他にも、カビ取りを開始してから見つけた箇所もあるのですが、

それは後で書きます。

 

カビ退治。

今回のカビ退治には、「カビハイター」を使います。

 

 

比較的新しいカビには、スプレータイプのカビ取り剤が手軽に使えてお勧めです。

 

生えていた箇所にスプレーしていきます。

 

 

 

 

 

 

風呂ふたは、満遍なくスプレーした後、スポンジで全体に塗り拡げました。

 

コーキングにも少し生えていたので、ついでにスプレーしておきました。

 

スプレーを終えたノズルには、少し泡がついていることがあるので、

ティッシュ等で拭き取ってから収納します。

 

この状態で1時間以上放置します。

 

1時間以上放置するのは、コーキングや風呂ふたのカビは手強いためです。

 

また、換気扇を回したままだとカビ取り剤が乾燥してしまうので、

放置する際は止めるのがコツです。

【豆知識】カビ取りの効果を上げる2つのポイント。  

 

脱衣所側のカビ取りをする際は、

しっかりと扉を閉めて、小さなお子さんや動物が近づかないように注意して下さい。

 

3時間後。

今回は3時間ほど放置しました。

 

これから洗い流していきますが、

脱衣所側にシャワーは使えないので、まずティッシュで泡を拭き取ります。

 

 

 

その後、霧吹きやジョウロを使って、水でよく流します。

 

乾拭き。

 

 

浴室内はシャワーが使えるので、これで全ての泡をよく流します。

 

 

 

乾拭き。

 

 

 

カビ取り後。

カビ取りを終えた状態がこちらです。

 

 

 

 

 

 

全てキレイになりました!

 

まとめ。

以上、「梅雨が明けたら確認したい場所」でした。

 

他にも、窓側やバスタブエプロン、カウンターの裏側など、

普段目にしない場所にもカビが生えていたりします。

 

カビが根を張ってしまうと、もっと塩素濃度の濃い漂白剤(ハイターの原液など)を使わないといけないので、

カビの生えやすい時期は念入りにチェックをして、早めに退治することをお勧めします!

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうござました!

参考になれば幸いです。