【分解掃除】ウォシュレットを分解したら汚れがすごかった。

  • URLをコピーしました!

トイレ掃除をしていたある日のこと。

「ウォシュレットの隙間にある汚れが気になる。」

でも、そこは分解しないと掃除出来ない場所なので、これまで触れないでおきました。

しかし、ウォシュレットの分解方法を調べてみたら、
意外と簡単そうだったので、今回チャレンジしてみました!

    目次

    はじめに。

    我が家のウォシュレットはTOTOの「TCF6021」です。
    メーカーや型番によって造りが違うので、汚れの落とし方だけでも参考にして頂ければと思います。

    分解手順。

    まず、電源を抜いて、水洗を止めます。

    次に、便座を外し、本体を手前に引き出します。

    そうしたら、背面に二箇所ネジがあるので、これを外します。

    次に、裏側の手前三箇所にツメがあるので、

    マイナスドライバーを使って外します。

    これでカバーを外すことが出来ました!

    想像以上に汚れていたので、少し引いて撮りました。。。

    手前のほうは尿石、後はほとんどホコリカビですね。

    お掃除スタート!

    まずは簡単そうな上のカバーから取り掛かります。

    ここは、クエン酸をスプレーして、
    マイクロファイバークロスで拭くだけでキレイになりました。

    次は問題の本体側です。

    最初はヘラを使ったり、

    細いブラシで掃除をしていたのですが、

    パーツが邪魔でうまく汚れを落とせなかったので、
    結局「霧吹き」をストレートにして汚れを落としていきました。

    導線とモーターには水がかからないように注意します。

    後は、綿棒楊枝も駆使して、ひたすら隙間に詰まった汚れをかき出していきました。

    3時間後。

    汚れと格闘すること3時間。

    想像以上に時間がかかってしまいましたが、こんなにキレイになりました!

    後は乾くまで1時間ほど放置して、元通りに組み立てたら終了です!

    終わりに。

    換気扇に続いて、ウォシュレットまで分解して掃除してしまいました。
    でも、換気扇より簡単で良かったです。

    【分解掃除】お風呂の換気扇を分解して掃除してみた。

    汚れがなくなると、臭わないトイレになります。

    また、分解の範囲はここまでにしておいたほうが良いと思います。

    「霧吹き」は何でも良いのですが、これはレバーがものすごく使いやすかったのでおすすめです。
    追加でもう1個買っちゃいました。

    最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
    参考になれば幸いです。

    • URLをコピーしました!
    目次