【手順解説】トイレのタンク内を分解掃除しました。

  • URLをコピーしました!

トイレのタンクを掃除された事はありますか?

「タンクの中まで空けたことがない」という方がほとんどだと思いますが、
タンクの中は結構汚れているのです。

初めて見るとびっくりするかもしれません。

そして、タンクに貯まった水が便器に流れて来るので、
タンクの中が汚れていると、便器も汚れやすくなってしまうのです。

また、「芳香洗浄剤」などで除菌をされている方も安心は出来ません。
むしろ故障の原因になってしまうからです。

今回は、タンク内を分解して丁寧に掃除したので、その手順をご紹介します!

    目次

    はじめに。

    タンクの中を掃除する時は、必ずマイナスドライバーなどで止水栓を閉めます。

    そうしないと、勢いよく水が噴射し続けて大変なことになります。

    お掃除スタート!

    止水栓を止めたら、まずを外します。

    次に中フタを外します。

    水を流して、タンクの中を空にします。

    空にした状態です。

    カビや水垢、後はサビなども見られます。

    パーツを外す。

    次に、外せるパーツを外していきます。

    まずは赤い色のフィルターです。
    ツマミを左に回して、手前に引き抜くと外れます。

    一番汚れやすいパーツなので、このフィルターだけでも外して掃除することをお勧めします。

    固い時は、マイナスドライバーを使うと外しやすくなります。

    次は、こちらのキャップです。

    構造的には、この部分からタンクの中に水が入っています。

    左に回すと外れます。

    最後は浮玉です。

    これは根元にはめてあるだけなので、少しずらせば外れます。

    この「浮玉」は、タンク内に貯まる水量を調整しているパーツです。
    上のほうにすれば水量が減り、下のほうにすれば水量が増えます。

    なので、これがどのぐらいの位置にハマっていたか、写真を撮っておくことをお勧めします。

    今回外したパーツ達です。

    他にも外せるパーツはあるのですが、基本的にはフィルターだけで大丈夫だと思います。
    ただ、浮球は、外しておくと中を掃除しやすくなります。

    パーツの洗浄。

    外したパーツを洗っていきます。

    基本はブラシ水洗いですが、汚れがひどい場合は「中性洗剤」を使います。

    フィルターは、白い部分を回すと外れるので、外してよく洗います。

    キャップの中には、フィルターが3枚入っているので、なくさないようにします。

    洗い終わったら、クロスでよく拭きます。

    中フタは、マイクロファイバークロスで水拭きしました。

    タンクの中の洗浄。

    次はタンクの中を掃除していきます。

    タンクの中は精密なパーツが多いので、酸性アルカリ性といった、強い洗剤は使えません。
    (故障の原因にもなります。)

    なので、「中性洗剤」を使います。

    中性洗剤を全体にスプレーします。

    ブラシを使って優しく磨いていきます。

    細かい部分には歯ブラシを使います。

    洗い終わったら、ジョウロで洗剤をしっかり洗い流します。

    まだ茶色い汚れがポツポツと残っていますが、
    15年間掃除をしていなかったタンクではこれが限界でした。

    洗い流したら、外したパーツを取り付けて、

    止水栓を開けます。

    すると、タンクの中に水が供給されるので、
    正常に動作していることを確認したら、お掃除終了です!

    洗浄剤がトラブルの原因に?

    タンクが手洗式の方は、芳香洗浄剤をお使いの方もいると思いますが、
    水回り住宅総合機器メーカーの大手である「TOTO」では、
    芳香洗浄剤の使用は推奨していません。

    トイレを流す度に洗浄剤がタンクの中に入るので、
    タンクの中に成分が残ってしまい、パーツが故障してしまうケースが多いようです。

    終わりに。

    今回のお掃除で、排水弁のパッキンが劣化していることに気付きました。
    パーツを取り寄せて、自分で交換したので、その詳細は次の記事で書きますね!

    トイレタンク内にある排水弁のパッキンの交換方法。

    最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
    参考になれば幸いです。

    • URLをコピーしました!
    目次